レーザー治療

当院では、CO2レーザーを使った鼻炎の治療を行っております。鼻粘膜をレーザー照射によって変性させ、花粉などの抗原が入ってきてもアレルギー反応を起こしにくくする治療法です。くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を抑えることができます。
鼻腔を拡げる効果もあるため、いびきでお悩みの方にも効果が期待できます。
自費診療ではなく保険適応の治療です。
効果の持続期間は個人差がありますが6ヶ月から2年程度です。一度施術すれば永遠に効果が持続するわけではありません。

  • 薬が嫌いな方、内服が面倒な方
  • 症状がひどく、薬だけでは抑えられない方
  • 多忙なため、通院が難しい方
  • 妊婦さんなど、薬による治療が制限される方
  • 様々な薬を使ったが、眠気や口渇などの副作用が出る方 
  • いびきでお悩みの方

治療方法

治療方法は麻酔液を浸したガーゼを鼻の中に挿入し数分おき麻酔は終了です。それから金属の5mm程度の細い棒のような機器で鼻の粘膜を治療します。施術時間は両鼻で10分程度です。
注射で麻酔液を注入するわけではないため痛みもほとんどありません。
治療後2週間程度で粘膜は正常化します。その間は鼻の粘膜の表面にかさぶたができるため、かさぶたが剥がれてしまうと鼻血がでることもあります。
さらにかさぶたによって鼻の中の隙間が一時的に狭くなり鼻づまりが悪化したと感じる方もいますが、粘膜が正常化してくると鼻づまりは解消されていきます。